牡蠣の食中毒リスクについて:症状・原因・潜伏期間など

牡蠣の食中毒リスクについて:症状・原因・潜伏期間など

牡蠣はとても栄養素がたくさん入っていて、人間には必要な食材の一つです。しかし、牡蠣には食中毒のリスクがあります。

 

今回はそのような牡蠣の食中毒の症状、原因、潜伏期間について紹介しています。

 

牡蠣に含まれる食中毒の原因

牡蠣に含まれる食中毒は代表的なものとして腸炎ビブリオ菌とノロウイルスがあります。

 

ノロウイルスは主に冬、腸炎ビブリオ菌は春から夏にかけて多く発生する食中毒です。

 

食中毒は加熱処理することによって死滅するので生牡蠣を食べるときは注意が必要です。

 

牡蠣の食中毒の症状

食中毒は主に発熱、吐き気、腹痛、湿疹などの症状がでます。特にノロウイルスに関しては激しい腹痛と下痢、吐き気が出るので注意が必要です。

 

激しい下痢と吐き気で脱水症状を起こすこともあり気を付けなければいけません。

 

このような症状が出たら水分補給をすることが大切になります。

 

牡蠣の食中毒の潜伏期間

牡蠣による食中毒の場合は潜伏期間が長く10時間から24時間ほどになります。

 

牡蠣を食べて忘れたころに腹痛や下痢、吐き気の症状がでた場合はまず食中毒を疑いましょう。

 

いかがでしたでしょうか。牡蠣による食中毒はとても恐ろしいことが分かります。上記の点に注意をしながら、安全に美味しく牡蠣を食べましょう。


ホーム