牡蠣でアレルギー?症状や原因、対処法など

牡蠣でアレルギー?症状や原因、対処法など

牡蠣は焼いても蒸しても生で食べても美味しく多くの人に好まれる食材の一つです。しかし、牡蠣にもアレルギーはあります。

 

今回はそのような牡蠣アレルギーの原因や症状、対処法を紹介しています。

 

牡蠣アレルギーの原因

牡蠣のアレルギーの原因はたんぱく質である「トロポミオシン」が原因とされています。

 

この原因物質はたんぱく質でできているため、人間の筋肉と同じたんぱく質ということもあり、ほかの食材よりも比較的発症しやすいアレルギーの一つです。

 

牡蠣アレルギーの症状

牡蠣アレルギーを発症すると1時間から2時間ぐらいの間に発熱や腹痛、下痢、痒み、湿疹などの症状が出始めます。

 

重症の場合はアナフィラキシーショックを起こし死に至る場合があるので注意が必要です。

 

牡蠣アレルギーの対処法

牡蠣を食べてすぐに症状が現れたらすぐに病院に行きましょう。牡蠣アレルギーと診断された場合は牡蠣を口にしないことが一番の対処法になります。

 

また、牡蠣アレルギーは事前に病院の検査で調べることもできるので予防にも繋がります。

 

いかがでしたでしょうか。とても美味しい牡蠣はアレルギーに注意が必要です。上記の点に注意をし安全に美味しい牡蠣を食べましょう。


ホーム