牡蠣に寄生虫がいることは?症状や対処法など

牡蠣に寄生虫がいることは?症状や対処法など

牡蠣は栄養が豊富で美味しく、多くの人に食べられる貝の一つです。しかし、牡蠣を食べるときには寄生虫に気を付けなければいけません。

 

今回はそのような牡蠣に寄生虫がいるかを紹介しています。

 

牡蠣の中にいるゴカイ

牡蠣の中に茶色く細い虫がいます。それは「ゴカイ」という虫で、釣りの餌にも使われている虫です。

 

ゴカイは茶色く、体長2センチから5センチほどで、貝と身の間に潜んでいます。

 

ゴカイは簡単に洗い流して落とすことができ、またゴカイを食べたとしても身体には影響がでることはありません。

 

ゴカイがいる牡蠣は新鮮で美味しい牡蠣の証拠です。

 

牡蠣の中にアニサキスはいるの?

牡蠣の中にアニサキスがいないとは断言できませんが、ほとんどの確率でいません。

 

市場で出回っている牡蠣はほとんどアニサキスはいないですが、生の牡蠣を自然の中から獲って食べようとするとアニサキスやほかの危険な寄生虫がいるかもしれないので注意が必要です。

 

身体に入って危険な寄生虫を避けるためには加熱処理して牡蠣を食べることが重要です。

 

いかがでしたでしょうか。牡蠣にはほとんど危険は寄生虫はいないことが分かります。上記の点を参考に安全に美味しく牡蠣を食べましょう。


ホーム