牡蠣の栄養成分と効能

牡蠣の栄養成分と効能

海のミルク。非常に栄養価が高いと言われている牡蠣ですが、実際はどのような栄養があるのか案外知らない方も少なくはありません。

 

牡蠣には、実際にはどのような栄養が含まれているのか。今回、ここでは牡蠣に含まれている栄養成分と効能について言及していきます。

 

タンパク質や亜鉛が多い!

牡蠣で注目すべき栄養素は、なんと言っても亜鉛です。亜鉛は、牡蠣以外の食品の中でもトップクラスの含有量を誇っており、滋養強壮などにも効果があると期待されています。

 

そのほか、グリシン、グルタミン酸、タウリン、さらにはビタミンB12など、多くの栄養素が含まれていることで知られています。基本的には、カロリー自体も100gあたり50gを超える程度ですのでヘルシーであり、注目に値する栄養食品でもあるのです。

 

牡蠣の効果

これだけ、栄養素が高い牡蠣ですので、食することによるその効果も期待できるでしょう。例えば、二日酔いの予防や回復にも役立つとされています。

 

また、疲労回復や滋養強壮、亜鉛が多く含まれていることからも男性の精力向上にも役立つと期待されています。

 

さらに、妊娠中の方の栄養補給にも優れていることで知られており、魚介類が好きな妊婦の方にもおすすめの食品とされています。ぜひ、牡蠣の栄養を摂取し、健康的な日常を送りましょう。


ホーム