牡蠣の亜鉛含有量と亜鉛の効果

牡蠣の亜鉛含有量と亜鉛の効果

牡蠣は美味しくさらに栄養がとても優れている食材の一つです。

 

特に亜鉛の量はすばらしくサプリメントを食べるよりも牡蠣を食べた方がいいとされています。

 

今回はそのような牡蠣の亜鉛含有量と亜鉛の効果を紹介しています。

 

牡蠣の亜鉛含有量

牡蠣はとても亜鉛が多い食材です。牡蠣の可食部分の亜鉛の量は1個あたり2ミリグラムと多く。

 

成人男性が一日に必要な亜鉛の量は10ミリグラム、成人女性は8ミリグラムなので5個ほど食べると一日に必要な亜鉛の量に達することができます。

 

また、牡蠣の亜鉛の量に関しては、生で食べる牡蠣よりも加熱することによって亜鉛の量が増えます。

 

他の栄養素は加熱すると減少しますが、亜鉛をたくさん摂取したいのであれば加熱された牡蠣を食べることがおすすめです。

 

牡蠣の亜鉛の効果

亜鉛は身体で作ることが出来ない為食材から得なければいけない栄養素の一つです。

 

亜鉛を食べることによって味覚障害の防止、貧血防止、カルシウムの吸収を促進、また男性に嬉しい効果は、生殖機能の向上があります。

 

なかなか子供が出来ず男性のほうに不妊の問題がある場合は、亜鉛を取ることを勧めていますので牡蠣はとてもいい食材といえます。

 

いかがでしたでしょうか。牡蠣は栄養満点で亜鉛の量はとても多く含まれていることが分かります。上記点を参考に美味しく牡蠣を食べましょう。


ホーム