牡蠣の鉄分量について:貧血予防に良い?

牡蠣の鉄分量について:貧血予防に良い?

美味しい食材のひとつとして、牡蠣を楽しんでいる方は少なくはありません。

 

しかし、食べて美味しいだけではなく、牡蠣には豊富な栄養素が含まれているため、健康効果も期待されています。

 

今回、ここでは牡蠣の鉄分量、そして貧血予防についてを言及していきましょう。

 

貧血とは?

まず、貧血について考えていきましょう。貧血が起こると、疲労はもちろん、めまい、立ちくらみが発生します。

 

貧血には、「鉄欠乏性貧血」など、さまざまな種類が存在しているのですが、要するに鉄分量が不足していると起こってしまうことが知られています。

 

女性は、生理が毎月起こることから男性に比べて鉄分量が少ない傾向にありますので、比較的女性が貧血になりやすいと推測されています。

 

牡蠣は鉄分が豊富に含まれている

牡蠣は、体内で合成することが難しいとされている、亜鉛が豊富に含まれていることで知られています。さらに、タウリン、ビオチン、カルシウムなどの豊富なミネラルを含んでおり、鉄分も含まれています。

 

鉄分だけを摂取するのではなく、バランス良くこういった無機物やタンパク質、ビタミン類をひとつの食品で摂取できるのは珍しいとされているのです。ぜひ、牡蠣を食べて、貧血を予防していきましょう。


ホーム