牡蠣が「海のミルク」と言われる理由

牡蠣が「海のミルク」と言われる理由

日本人にとっても、重要な魚貝類のひとつとして知られているのが、牡蠣。

 

味わいの良さはもちろんのこと、豊富な栄養素を含んでいることからも海のミルクなどと呼ばれていることで有名です。

 

さて、そんな牡蠣なのですが、なぜ海のミルクという名で呼ばれているのでしょうか。

 

今回、ここでは牡蠣が海のミルクと呼ばれている理由を探ります。

 

ミルクに似た栄養素

海のミルクと呼ばれている所以としては、色が乳白色であり、クリーミーな味わいであることが考えられます。

 

非常に硬く、味わいがゴツゴツした食品であれば、こういった名前はつけられていないでしょう。

 

とはいえ、海のミルクといわれる所以としては、牛乳=ミルクと変わりない栄養素を含んでいるからといわれています。

 

一体、その栄養素とはどういったものなのでしょうか。

 

牡蠣が含んでいる栄養素

牡蠣が海のミルクと呼ばれている所以としては、亜鉛、タウリンを他食材の中でも取り分け多く含んでいることが挙げられます。

 

さらには、カルシウムなどの無機物などを含んでいることからも、奇跡の食材とすら呼ばれているのです。

 

実は、この牡蠣に関しては海の玄米とも別名で呼ばれているなど、その栄養素の豊富さは昔から有名です。

 

ぜひ、積極的に牡蠣を食してみてはいかがでしょうか。


ホーム