妊娠中でも生牡蠣を食べても大丈夫?

妊娠中でも生牡蠣を食べても大丈夫?

牡蠣は栄養が豊富で美味しく多くの人に好まれる食材の一つです。しかし、妊娠中は食べ物に気をつけなければいけません。

 

今回はそのような妊娠中でも生牡蠣を食べても大丈夫かを紹介しています。

 

妊娠中に生牡蠣を食べても大丈夫?

妊娠中に生牡蠣は避けましょう。

 

牡蠣を食べるのであれば加熱したものであれば大丈夫ですが、生牡蠣はノロウイルスにかかる危険性がとても高いです。

 

特に妊娠中は免疫力が低下し、普通の人よりも食中毒にかかりやすくなります。

 

また、ノロウイルスにかかり胎児には影響はないといいますが、念のため注意が必要です。

 

ノロウイルスにより下痢や嘔吐は激しいのでその影響で子宮収縮を引き起こし流産などを起こす危険性もあります。

 

また母体も脱水症状になるので妊娠中は生牡蠣は避けることが無難です。

 

生牡蠣を食べることによって起こる食中毒以外の危険性

食中毒は加熱処理をすることによって防ぐことができますが、貝毒は加熱しても発症する可能性があります。

 

貝毒の含んだ牡蠣の煮汁だけでも貝毒にかかることがあります。

 

市販で売られているものは厳しい検査の上で出荷するので心配はほとんどありませんが、天然の牡蠣を取ってきたものは注意が必要です。

 

妊娠中は生牡蠣はもちろんのこと加熱しても食べないほうがいいです。

 

いかがでしたでしょうか。牡蠣は蒸しても焼いても生で食べても美味しい食材です。上記の点に注意をしながら安全に牡蠣を美味しく食べましょう。


ホーム