加熱用の牡蠣を生で食べたらいけない理由

加熱用の牡蠣を生で食べたらいけない理由

牡蠣は蒸しても焼いても美味しく生でも多く食べられる食材の一つです。

 

しかし、生食用と加熱用の牡蠣を間違えてしまうと身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

今回はそのような加熱用の牡蠣を生で食べたらいけない理由を紹介しています。

 

加熱用の牡蠣を生で食べてはいけない理由

加熱用と生食用を分ける基準が厚生労働省で定められています。

 

牡蠣1グラムあたり細菌数は50,000以下では生食用の牡蠣として売ってはいけないという基準です。

 

加熱用の牡蠣はこの基準を満たしていない牡蠣が販売されるので、加熱用の牡蠣を生食用で食べるということは食中毒になる可能性がとても高いということになります。

 

また、生食用の牡蠣は徹底した検査が行われ細菌がほとんどない状態で徹底した安全への取り組みがされている生産者に限られるので安心していいでしょう。

 

加熱用の牡蠣を食べてしまったら

加熱用の牡蠣を間違えて生で食べてしまったら、まず緑茶などカテキンを多く含んだものを体内に入れましょう。

 

カテキンはノロウイルスが体内に吸収するのを抑える働きがあるされています。

 

しかし、それでも症状が出た場合はできるだけ体内の菌を外に出すために嘔吐や下痢などは止めずにたくさん出すことが大事です。

 

体内の菌を外に早く出すことによって身体が回復していきます。

 

いかがでしたでしょうか。牡蠣には生食用と加熱用の基準が設けられていることが分かります。

 

上記の点に注意しながら安全に美味しく牡蠣を食べましょう。


ホーム