牡蠣は天然と養殖で違いがあるの?

牡蠣は天然と養殖で違いがあるの?

世界中で愛されてる牡蠣。日本はもとより、フランスは牡蠣が大好きな国として知られ、多くの牡蠣が養殖されています。

 

さて、そんな牡蠣なのですが、天然ものと、養殖ものでは何がどのように違うのでしょうか。

 

今回、ここでは牡蠣の天然ものと養殖ものの違いについてを解説していこうと思います。

 

天然ものは岩牡蠣がほとんど

まず、前提としてマガキの場合はほとんどが養殖であり、天然ものは極僅かといわれています。

 

逆に、天然ものの岩牡蠣は多いものの、養殖物の岩牡蠣は少ないとされています。

 

ざっくりとではありますが、天然ものはその土地のプランクトンなどを多く摂取しており、味わいが濃厚です。

 

一方、養殖物の牡蠣は病気などを防ぐ目的もあってか、美味しくなってきてはいますが天然ものに比べると味わいは淡白である、といわれています。

 

夏場の天然岩牡蠣は絶品!

岩牡蠣は、夏場に旬を向かえます。そのため、夏場の岩牡蠣で天然ものは大変美味しい牡蠣として人気です。

 

マガキなのですが、浅瀬にいるものは形が小さく、あまり食用としては適していないため、むしろ良い漁場の養殖のものが美味しいとされています。

 

養殖技術も非常に高まっていますが、旬を向かえた夏場の岩牡蠣の濃厚さには敵わないようです。


ホーム