牡蠣の名産地といえば何県?産地で味は違う?

牡蠣の名産地といえば何県?産地で味は違う?

普段、あまり牡蠣の産地などを気にせずに食べられている方もいるかもしれません。

 

しかし、オイスターバーやグルメな方は、牡蠣の名産地などを気にかけて購入されているのではないでしょうか。

 

一体、牡蠣の名産地とはどこで、どういった違いがあるのかここで確認していきましょう。

 

牡蠣の名産地は多い

牡蠣の名産地というと、広島が思い浮かぶ方が多いかもしれません。

 

確かに、広島は牡蠣の名産地であり、かき小町というブランド牡蠣、健牡蠣、安芸の一粒など多くのブランドを持っています。

 

しかし、牡蠣の名産地は多く、北海道から三陸沖、三重県、新潟、島根県、福岡県、佐賀県、長崎県と多くの名産地があるのです。

 

産地で味は違うのか?

産地で味わいが違うのか、というところですが、やはり若干漁場によって味わいが違っているのが特徴と言えるでしょう。

 

例えば、海水温が低い東北から北海道などにかけては、あまり身が大きく育ちません。

 

しかし、臭みが少なく、非常にバランスの良い味わいに育つとして人気です。

 

一方、やや温暖な地域である本州から南にかけては、味わいが濃厚で大きな粒となります。

 

個性的な味わいの牡蠣もありますので、牡蠣を食べ慣れている方には面白いでしょう。

 

なかなか、牡蠣をブランド別、産地別で食べ比べする方も少ないでしょうが、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


ホーム