生牡蠣の美味しい食べ方:合うタレは?

生牡蠣の美味しい食べ方:合うタレは?

牡蠣は、海のミルクと呼ばれているくらいですので、そのままでも大変濃厚な味わいを楽しめる貝類として人気です。

 

さらに、淡白といえば淡白ですので、さまざまなタレに合わせることもできます。

 

今回、ここでは生牡蠣を美味しく食べるために、合うタレを考えていきましょう。

 

定番はポン酢やレモン汁

生牡蠣の成分は、グリコーゲンであり、まろやかで濃厚な甘みを持っています。

 

それと同時に、やや苦さや生臭さも持っているため、タレとなるとクエン酸を含んだレモン汁やポン酢がベストマッチとされています。

 

生牡蠣を食べる時、特に冒険をしようと思わない方は、ポン酢やレモン汁をかけると美味しくいただけるので試してみましょう。

 

香りの強いものを上手に利用する

例えば、海外ではビネガーであったり、ホースラディッシュ、ペッパーなどをタレに活用していることがあります。

 

生臭さを消す、マスキングするという目的ですので、香りや性格の強いものをドレッシング、タレに加えて使うのもアリでしょう。

 

ただし、醤油だけだと性格が強くなってしまうので、ゆず、かぼすなどの柑橘系をバランス良く混ぜたものにすると、牡蠣がより甘みが増して美味しくなるようです。

 

ぜひ、いろいろなタレを試されてみてください。


ホーム