牡蠣の美味しい食べ方

牡蠣の美味しい食べ方

海のミルクと呼ばれている魚介類、牡蠣。ぷりっとしたキレイな身にまろやかな旨味、そして口全体に広がる潮の香りがたまりません。

 

さて、そんな牡蠣なのですが、美味しく食べるためにはどういった方法があるのでしょうか。

 

今回、ここでは牡蠣の美味しい食べ方についてを紹介していきましょう。

 

生で食べる

牡蠣を食べる場合、もっともポピュラーなのは「生ガキ」でしょう。牡蠣の旨味を最大限味わうことができる、大変贅沢な食べ方のひとつです。

 

ポイントとしては、生ガキを塩水で洗ったり、白ワインで洗っておくと、細菌類などが死滅するので安心です。

 

また、食べる時にレモン汁やポン酢など、やや酸味のある調味料をかけて食べることで、潮の香りとクエン酸の香りがバランス良く合わさり美味しく食べられます。

 

熱を入れる

生ガキ以外、牡蠣を美味しく食べるのであれば熱を加えた調理法もおすすめです。

 

牡蠣の持つ生臭さが抑えられるため、この香りが苦手な人にはおすすめです。

 

皿に盛り、ラップをかけてレンジで加熱するだけで美味しい蒸しガキとなります。

 

また、グリルで焼いたり、グラタンとしてオーブンで焼く調理法も美味しく食べられます。

 

できるだけ早く、新鮮な状態のものを使い、さらには安心できる店鋪で購入した牡蠣だとなお良いでしょう。


ホーム