牡蠣の食べ方のマナー

牡蠣の食べ方のマナー

殻に入ったままの牡蠣にポン酢を垂らし、チュルッと口内に押し込む。生ガキが大好きな方であれば、定番の食べ方でしょう。

 

とはいえ、生ガキはフレンチなどでも定番のメニューであり、それなりに食べ方にはマナーが存在します。今回、ここでは牡蠣の田部家阿多の正しいマナーについて考えていきます。

 

牡蠣を食べる際のマナー

生ガキがキレイにお皿に盛られて登場した場合、やはりマナーを守って上品にいただきたいものです。

 

まず、殻が付いている場合は左手で殻を押さえ、動かないように固定することを忘れないようにしましょう。

 

殻は滑りやすく、テーブルの下、また相席者にかかったら最悪です。そして、カキ専用のフォークを貝柱の下部分に差し込みます。

 

この時、無理矢理貝柱を切るのではなく、難しい場合はナイフを利用してもマナー違反にはなりません。

 

スープも飲んでよい

貝柱を外せた場合、次にソースやレモン汁など、用意されたソースをかけましょう。この時、できれば手を添えて相手にかからないように気遣えると良いでしょう。

 

牡蠣の身を食べた後、問題は殻に残ったスープですが、殻を持って飲み干して構いません。

 

柿は、スープが美味しい貝のひとつです。ただし、大変高級なレストランの場合、同席者に確認をしてから食べた方が無難でしょう。


ホーム