牡蠣のオスとメスの見分け方は?

牡蠣のオスとメスの見分け方は?

普段、食べられている魚介類の中でも牡蠣がお好きという方は少なくはないでしょう。

 

海のミルク、と形容されるほどに栄養満点な牡蠣は、生でも焼いても、そして蒸しても大変美味しく食べることができます。

 

さて、そんな牡蠣なのですが、そもそもオスやメスに別れているのでしょうか。今回、ここでは牡蠣のオスとメスの見分け方について、考えていきましょう。

 

オスとメスはちゃんとある

まず、牡蠣にはオスとメスはしっかりとあります。しかし、なかなか見分けがつかないものばかりですので、知らないとどちらか見分けることはできません。

 

さらに、貝類には多いのですが、オスとメスが同体のものも存在しているので、一目見ただけではなかなか専門家ですら、オスとメスと見分けられないといわれています。

 

性別が変わってしまう!?

さらに、牡蠣が面白いのはオスとメスの性別が入れ替わってしまう、ということです。

 

餌を多く摂取している牡蠣の場合、メスになったり、産卵を終えた牡蠣はオスに変わってしまうなど、とてもユニークな生態をしているのだそうです。

 

そのため、オスだと思っていた牡蠣も、1ヶ月後にはメスとなることもあるのです。

 

マガキなど、日本でも良く食べられている牡蠣がそのようですので、市販されている牡蠣で気になったら、スタッフに聞いてみるのもよいでしょう。


ホーム