牡蠣の構造について:部位ごとの名称は?

牡蠣の構造について:部位ごとの名称は?

殻付きの牡蠣をそのままレモン汁を搾っていただく。牡蠣好きの方にとってみれば、これ以上の贅沢はありません。

 

さて、そんな牡蠣なのですがまじまじと見つめてみる、という経験をした方は少ないかもしれません。

 

そもそも、牡蠣という貝はどのような構造でできているのでしょうか。今回、ここでは牡蠣の構造、そして部位の名称についてを考えていきましょう。

 

牡蠣は殻の形が変わる

牡蠣は、二枚の貝殻に包まれている二枚貝です。

 

ですが、棲息する海域や環境によって、長細くなったり、丸くなったりと、殻自体の形を変化させています。

 

貝柱、靱帯によって二つの貝殻を支えているのですが、牡蠣の貝柱はひとつしか無いので、アサリなどとは構造はやや違うようです。

 

さまざまな部位がある

牡蠣の殻を開けてみると、貝柱とぷっくりと膨れた身くらいしか見ることができません。しかし、中心にはしっかりと心臓と直腸が存在しているのです。

 

また、外套膜と呼ばれているのが、あの脇のびらびらです。

 

内側に入っていくと、エラがあり唇弁が存在しています。また、牡蠣にはしっかりと肛門もあります。

 

なかなか、普段知ることのできない牡蠣の構造ですが、しっかりと生き物としての機能は持っているようです。


ホーム