牡蠣の繁殖方法や産卵期について

牡蠣の繁殖方法や産卵期について

今の時代、我々が好んで食べている牡蠣のほとんどは養殖で生育されている、といわれています。

 

真ガキなどはほぼ養殖と言われており、天然ものを探すのもなかなか一苦労とすら言われているのです。

 

今、日本中はもちろん、世界でも気軽に牡蠣を食べることができるのは高いレベルの養殖技術があるから、ともいわれています。

 

今回、ここでは牡蠣の養殖方法、そして産卵期についてを解説します。

 

試行錯誤が繰り替えされた

養殖牡蠣は、なんと1555年くらいにはもう養殖がスタートしていた、といわれています。広島で始まった養殖ですが、その後さまざまな養殖法が確立されています。

 

石薪式養殖法や、日向に小石を並べ、それに牡蠣を付着させる方法です。

 

また、竹や雑僕を干潟に立てたひび建て養殖法、杭打垂下法なども有名です。今、取り分け多い方法がホタテ貝を利用した方法の、筏式垂下法という養殖方法です。

 

広島県などで、多く採用されています。

 

牡蠣の産卵期とは?

牡蠣は交尾を行わず、体外受精で産卵となります。真ガキなどの場合、9月から4月が旬といわれていますが、これは5~8月までは産卵期だからです。

 

実は、じょの「May、June、July、August」といった、Rのつかない期間は牡蠣を食べては行けない、というのは栄養価が落ちているから、という説があるようです。ぜひ、覚えておきましょう。


ホーム