牡蠣の成長・年齢・寿命について

牡蠣の成長・年齢・寿命について

真ガキ、岩ガキなど、それぞれ個性のある味わいで人気のある牡蠣。

 

日本でも大人気の海産物のひとつですが、牡蠣の成長や年齢、そして寿命などはどの程度なのでしょうか。

 

今回、ここでは牡蠣の年齢や寿命など、成長に目を向けて考えていきましょう。

 

養殖と天然もので寿命が違う?

牡蠣は、養殖に4年近くかかるといわれています。

 

もちろん、早くて1年程度でも成長はしますが、やはり成長には数年の期間が重要と言われているため、寿命は長くても5年程度であると言われています。

 

しかし、天然の真ガキなどのように、環境がとても良い場合は20年、30年生き続けることができると言われており、岩ガキも天然ものの場合は10年ものを収穫しているとの報告があります。

 

牡蠣にとって人の手が加えられず、かつ大変良い環境であった場合、寿命は20年以上は生き続けると考えても良いでしょう。

 

海域によって栄養素が違う

牡蠣通常、養殖されている牡蠣の場合は年々生存率が減少していきます。

 

そのため、無駄なコストをかけずにできるだけ早い段階で栄養豊富な状態に成長させていく方法が検討されています。

 

そのため栄養豊富な牡蠣の場合は成長が早く、そうで無い場合は栄養豊富になるために、成長が遅くなります。

 

年齢によっても、味わいが変わってくるので、一度は年齢の違いを考えて牡蠣を選んでみても良いでしょう。


ホーム