牡蠣の海水浄化作用について

牡蠣の海水浄化作用について

牡蠣は栄養が豊富で美味しく、焼いても蒸しても生で食べても美味しい食材です。

 

牡蠣には驚くべき海水浄化作用があります。

 

今回はそのような牡蠣の海水浄化作用について紹介しています。

 

牡蠣の海水浄化作用について

牡蠣には濁った海水を綺麗にする海水浄化作用があります。

 

その海水の量は1時間で10リットルから20リットルと言われ、24時間休むことなく海水を吸い出し、濾過して吐き出しています。

 

一日では家庭のお風呂の浴槽一杯分に相当する海水を綺麗にしていることになります。

 

一つの牡蠣で一日ですごい量の海水を浄化しているので、牡蠣の海水浄化作用がとても素晴らしいことが分かります。

 

牡蠣の海水浄化作用によっておこるノロウイルス

牡蠣の海水浄化作用によって牡蠣の中に含まれているノロウイルスは完全に除去できなくなっています。

 

ノロウイルスに汚染された牡蠣を人間が口にし、ノロウイルスを含んだ排出物が下水を通って海に流れます。

 

この海に流れた汚染された海水を牡蠣は吸い込んで蓄積されていきます。そのためノロウイルスの除去が近年の大きな課題になっています。

 

いかがでしたでしょうか。牡蠣の海水浄化作用はとても素晴らしいことが分かります。以上の点を参考に美味しく安全に牡蠣を食べましょう。


ホーム