牡蠣の食べ物(餌)は何?

牡蠣の食べ物(餌)は何?

この牡蠣は、大切に育てられているから美味しい。

 

こんなことを、お店の方に言われることがあるかもしれません。

 

しかし、そもそも牡蠣は何を餌にして成長をしているのかなど、パッと思い浮かばない方の方が多いでしょう。

 

今回、ここでは牡蠣の食べ物、餌は何なのかを考えていきたいと思います。

 

海のプランクトンが餌

牡蠣は、大量に海水を体内に入れる魚介類です。

 

しかし、その海水に漂っている小魚を食べているわけではなく、海中にいる植物プランクトンを餌として食べているのです。

 

つまり、植物プランクトンが多い漁場で育っている牡蠣は成長が早く、栄養素もたっぷりと含んだ良質な牡蠣ということがいえます。

 

養殖はプランクトン量で調節する?

牡蠣は養殖ものが多い海産物で有名ですが、養殖用に餌が用意されることはありません。

 

牡蠣の場合、前述したように海の中の植物プランクトンを餌にできるため、餌を与えずとも育ちます。

 

しかし、生産調整やその大きさなどを調整するため、プランクトンが少ない水深の深い場所に置いたり、移動させたりと、養殖の場合は牡蠣の成長を調整しているようです。

 

養殖の牡蠣であっても、天然ものと変わらぬクオリティで楽しめるのには、こういった理由もあったのです。


ホーム