焼き魚は冷凍保存でどれくらいの期間もつ?

焼き魚は冷凍保存でどれくらいの期間もつ?

焼き魚1度に多めに作っておき冷凍保存しておくと、調理の手間が省けます。しかし冷凍しても永遠に保存できるわけではありません。焼き魚の冷凍保存はどれくらいの期間もつのでしょうか。

 

焼き魚を冷凍保存できる期間は

焼き魚の冷凍保存の場合は1ヶ月程度は日持ちするでしょう。味が落ちても良いなら2ヶ月でも大丈夫なことは大丈夫です。

 

どのみち冷凍保存した場合、焼きたてのような味や食感はありませんので、食べる時には一手間加えて調理するのが普通です。

 

焼き魚の活用方法としては、身をほぐしてご飯に混ぜて鯛飯のようにしたり、大根やゴボウなどと一緒に炒めたり、チャーハンの具にしたり、など様々です。

 

焼き魚は冷凍庫で保存すると長く日持ちしますが、あまり長く冷凍しておくと冷凍臭がついてしまいます。一回ついた冷凍臭はとることができないので、美味しい焼き魚を冷凍したなら早めに食べたほうがいいでしょう。

 

焼き魚を冷凍方法

焼いてすぐではなく、魚を冷ましてからラップでピッタリ包んで冷凍しましょう。焼いてすぐラップに包むとラップ内で水分ができてしまうので、解凍したときにベチャベチャしてしまいます。またラップでピッタリ包むのは、身を空気に触れさせないことで、パサつきの原因である酸化を防ぐ為です。

 

焼き魚の解凍方法

焼き魚の解凍は、冷蔵庫で自然解凍が望ましいです。電子レンジで急速に加熱すると溶けムラだけでなく、身が破裂することがあるのでやめておきましょう。


ホーム