魚,食べ方

カニ食の母乳への影響を心配されてる方へ

日本人が大好きな食材であるカニ。

 

色々な地域で取れるので、その土地ならではの食べ方もあったりと、たくさんの料理方法で楽しめる食材でもあります。

 

そんな大人気なカニですが、赤ちゃんを育てているときには大丈夫でしょうか?

 

今回は、カニ食の母乳への影響を解説します。

 

授乳中にカニを食べても大丈夫?

授乳中にカニを食べると、母乳が詰まって出なくなってしまうという話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

授乳中は、赤ちゃんへの影響や、母乳の出をよくするために、避けた方が良い食材等があるのは事実です。

 

例えば、アルコールやカフェイン、脂肪分の多い食材などは避けた方が良いとされています。

 

ではカニはどうなのでしょうか。実はカニは授乳中に食べても母乳への影響はありません。

 

カニは脂肪分を含んではいないため、安心して食べて下さい。

 

別の影響

カニは母乳には影響は無いと書きましたが、一つ気を付けなければならないことがあります。

 

それは、アレルギーです。母乳の出や質には影響しませんが、赤ちゃんにもし、甲殻類アレルギーがある場合、母乳を通してカニのアレルゲンを吸収し、アレルギー反応が出てしまう場合があります。

 

そのため、カニを食べるのであれば、出来ればアレルギーをチェックしてからの方が良いでしょう。。


ホーム