犬や猫にさきいかやするめを食べさせていい?

犬や猫にさきいかやするめを食べさせていい?

犬や猫にスルメを食べさせると腰が抜けてしまうので与えない方が良い、という話をよく聞きます。

 

しかし、こういう話にはそもそも根拠があるのでしょうか。

 

そこで今回は、犬や猫にスルメを食べさせることの是非について解説したいと思います。

 

腰が抜けるという話が広まった理由

実は生のイカにはチロシナーゼという成分が含まれています。

 

チロシナーゼにはチアミン(ビタミンB1)を破壊する作用があります。

 

そのため、犬や猫が生のイカを大量に食べ続けると、体内のビタミンB1が不足してしまいます。

 

すると、脚気の症状が発生してしまい、歩くのが不自由になってしまいます。

 

このことから、犬や猫はイカを食べると腰が抜けるという話が広まっていきました。

 

さきいかやするめなら大丈夫なの?

このチロシナーゼという成分は加熱すると消えてしまいます。

 

さきいかは通常、加工の際に加熱されているので、チロシナーゼは消えています。

 

するめは通常、加熱せずに加工されるので、調理の際にも加熱しない場合には、犬や猫が食べないように注意が必要です。

 

また、加熱処理されたさきいかやするめであっても、犬や猫の胃の中で膨張してしまうという性質があり、胃腸にはあまりいいものではありません。

 

また、消化もあまりよくないので、犬や猫にはなるべくさきいかやスルメは与えない方が良いでしょう。

 

このように、生のイカにチロシナーゼが含まれているため、犬や猫が食べたら腰が抜けるという噂話が広まって行きました。

 

さきいかの場合、少量であれば大丈夫ともいえるんですが、上記の様に色々な弊害があるので、

 

うっかり犬や猫が勝手に食べてしまった場合を除いては、進んで与えない方が良いでしょう。


ホーム