するめ(イカの干物)の保存方法について

するめ(イカの干物)の保存方法について

するめ(イカの干物)という食べ物は保存期間を長くするために乾燥させたものです。

 

そのため、当然普通の食品よりも長持ちします。

 

それでは、長期間保存しても安心してするめが食べられるためにはどのような保存方法が良いのでしょうか。

 

そこで今回は、するめの保存方法について解説してみます。

 

するめの賞味期限

するめは出来上がってからどの程度の期間まで食べられるのかといえば、概ね半年から1年程度としている製造業者、販売業者が多いです。

 

常温でこれぐらい持つわけですから、するめはやはり、かなり日持ちのする食べ物ということができます。

 

するめの保存方法

上記の様に、するめは常温でもかなりの長期間保存できます。しかし冷蔵庫に入れて保存したり、冷凍したりすることでさらに保存期間を延ばすことができます。

 

それではどのくらいの期間まで保存できるのかといえば、常温よりは長くなりますが、明確な基準はありません。

 

ですから、目視でカビなどが生えていないか、腐敗している部分がないか、といったことを確認して、少し味見してみて問題がなければ大丈夫でしょう。

 

ただ、やはり長期保存する場合は冷凍庫に入れておくのが確実となります。冷凍庫ならば、1年以上の保存は十分に可能です。

 

上記の様にするめは日持ちがするので、普段から準備しておくととても重宝する食べ物です。贈り物などで大量に入手した場合は、冷凍庫に入れて保存するようにしましょう。


ホーム