妊婦がホタテを生で食べても大丈夫?

妊婦がホタテを生で食べても大丈夫?

妊娠すると胎児への影響を考えて、それまでの食生活を改めないといけない点が出てきます。

 

その際に妊婦の方が疑問を持つ問題が、妊娠中に生のホタテを食べても大丈夫なのか、ということです。

 

そこで今回は、妊婦がホタテを生で食べても良いのか、という点について解説していきます。

 

本質的には問題がない

普通に食用として適しているホタテなら、妊婦が生で食べても特に問題のある成分は含まれていません。

 

ですから、妊娠中に生のホタテを食べてしまったとしても、体調に変化がなければ特に気にする必要はないでしょう。

 

あえて問題点として考えられること

ただ、生ものなので、悪い偶然が重なった場合は妊婦の身体や胎児に影響を与える可能性が全くないとはいえません。

 

例えば、鮮度の悪いホタテを生で食べてしまい、食あたりが発生すると、何らかの影響がある可能性もあります。

 

また、ホタテにはシーズンや年によっては、貝毒が発生する可能性があります。

 

その場合、出荷が停止されるのですが、何らかの手違いでそういうものを口にしてしまった場合、影響が発生する可能性もゼロとはいえません。

 

これに加えて、ホタテ貝を丸ごと購入した場合、有毒な物質がたまりやすいウロという部分をうっかり食べてしまった場合、身体に影響が出る可能性があります。

 

ほとんどの販売店では丸ごと販売の場合でもウロは除去していることが多いです。しかし、もし黒っぽいウロという部位があれば、必ず取り除くようにしましょう。

 

このように、基本的には妊婦でもホタテは生で食べても大丈夫です。ただ、気になる場合は鮮度に注意し、ホタテに関するニュースをチェックして、貝毒に当たらないよう、気をつけましょう。


ホーム