ホタテによる食中毒リスクについて

ホタテによる食中毒リスクについて

ホタテはバターソテーやフライなど様々な方法で食べられていますが、お刺身も美味しいですよね。

 

魚介類は生で食べることも多いため、食中毒を心配する方も多いのではないのでしょうか。

 

そこで今回は、ホタテによる食中毒リスクについて詳しくご紹介いたします。

 

ホタテの食中毒について

ホタテには実は、色々な食中毒が起こっています。

 

その中でも、比較的多く症状が出ているのが、麻痺です。

 

貝による麻痺性の食中毒を麻痺性貝毒と言われています。

 

症状としては、食後30分ほどで、唇や舌などの顔から、徐々に首、腕に広がっていきます。

 

症状がひどい場合は、言語障害や呼吸麻痺などを引き起こし、最悪死亡してしまうこともある危険な症状です。

 

そのため、主要な産地では、毒の検査をしており、基準値を下回っていることを確認してから出荷しているため、危険性は低いですが、毒には十分注意してください。

 

その他の症状について

ホタテには麻痺性貝毒以外にも、下痢性貝毒の症状が出る場合があります。

 

有毒なプランクトンをホタテが食べることにより、ホタテの体内に毒が蓄積されてゆき、それを人間が食べることによって症状を引き起こします。

 

症状としては、激しい嘔吐や下痢が挙げられます。命に関わることはほとんどありませんが、子供やお年寄りなど、体力が少ない場合は注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか。ホタテの食中毒にには十分注意して下さい。


ホーム