ホタテの栄養成分と効能

ホタテの栄養成分と効能

日本では大変身近な貝であるホタテ。ご飯のおかずになったり、お酒のおつまみとして食べられたりと、大活躍の食材でもあります。

 

そんな美味しいホタテですが、成分としても様々なものを含んでいます。

 

そこで今回は、ホタテの栄養成分と効能についてご紹介します。

 

ホタテに含まれている栄養成分①タウリン

ホタテに含まれている成分として、タウリンがあります。

 

タウリンはイカなどの海産物に多く含まれている成分で、滋養強壮や、肝機能を高める働きがあります。

 

タウリンにはホメオスタシスという、体を正常な状態に戻そうとする働きがあるため、高血圧の人の血圧を下げたり、高血糖値の人の血糖値を下げる効果が期待できます。

 

ホタテに含まれている栄養成分②亜鉛

ホタテにはタウリンのほかに亜鉛も豊富に含まれています。亜鉛は新陳代謝を活発にしたり、消化吸収を助ける働きがあります。

 

また、亜鉛が不足すると、舌にある味蕾が正常に働かなくなり、味覚障害に陥ったり、生殖機能が衰えたりすることがあります。

 

現代人には亜鉛が不足しがちなので、亜鉛が摂取できる食材は積極的に食べることが重要です。

 

いかがでしたでしょうか。ホタテには、この他にも様々な栄養素が豊富に含まれているので、ぜひ食べて欲しい食材です。


ホーム