ホタテに寄生虫がいることは?

ホタテに寄生虫がいることは?

日本では大変身近な食材であるホタテ。養殖したものや冷凍ものも多く出回っているため、一年中手に入るのも嬉しいところです。

 

海産物と言えば寄生虫が気になりますが、ホタテはどうなのでしょうか。

 

そこで今回は、ホタテの寄生虫についてご紹介いたします。

 

ホタテには寄生虫がいる?

むき身で冷凍してある貝柱や、ボイルしてあるものには寄生虫はいませんが、殻付きのホタテを買う場合は、寄生虫がいる場合があります。

 

ホタテの貝の表面に、白いミミズのような生き物がいたら、それはゴカイの仲間である、カサネカンザシという生き物です。

 

基本的には貝殻の中には入り込まず、貝殻の表面に殻を作って生息しています。

 

食べても無害ですが、基本的に表面は奇麗にして出荷されるので、見かけることは稀でしょう。

 

その他の寄生虫

ホタテは、稀にですが貝の中に寄生虫がいる場合があります。

 

ホタテに寄生するのは、ホタテエラカザリという寄生虫で、その名の通りホタテのエラに寄生しています。

 

寄生しているのはすべてメスで、オスはメスの体内で生活しています。人間には寄生しないため、食品上は問題無いとされています。

 

いかがでしたでしょうか。ホタテは稀にですが寄生虫がいる場合がありますが、人体には影響しないため、安心してください。


ホーム