魚の寄生虫の死滅温度について

魚介の寄生虫の死滅温度について

寄生虫対策において加熱は基本中の基本です。しかし厳密にはどのくらいの温度で死滅させることができるのでしょうか?

 

寄生虫は基本的に熱に弱い

代表的なアニサキスを例にすれば、60℃1分以上の熱処理というのが厚生労働省の公式な指導となっています。他の寄生虫に関しても熱に弱いので同じ処理をすればまず安心とみて良いでしょう。

 

火加減に気を使おう

ただ魚の種類や厚み、大きさによっ火の通り具合というのは変わってくるので、調理をしながら見た目や身の弾力で焼き加減を確かめましょう。

 

また焼き終わった後にすぐにお皿に移すのではなく、フライパンに蓋をして(もしくはグリルの中に)しばらく置いておくと、余熱で生焼けを防げます。

 

冷凍は効果がない?

魚の寄生虫は熱には弱くても冷温には強い場合が多いですが、冷凍でも死滅させることができます。

 

アニサキスの場合-20度で1日以上というのが厚生労働省の指導です。魚の芯まで低温でしっかり凍らせることが重要です。

 

私たちが普段スーパーで買う魚の中に、「解凍」と書かれているものがありますよね。こういった魚はすでに‐20度~‐30度で凍らせたものなので、もしも寄生虫がいたとしてお死んでいる可能性がきわめて高いです。


ホーム