魚介系で胸焼け:原因や対処法

魚介系で胸焼け:原因や対処法

魚介系を食べるとなぜか胸焼けを起こしてしまうという方へ。考えられる原因をまとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

 

考えられる原因1:消化不良

食べた魚貝の消化ができていない可能性があります。例えば脂の多い魚を多く食べたり、身の硬いものをあまり噛まずに飲み込むなどすると消化に時間がかかります。

 

人によって消化酵素の多さは違いますから、脂質が多いウナギやサンマ、身がかたい貝やイカ・タコなどを食べたら胸焼けがするという人は少なくありません。

 

もし食べるときによく噛むことで消化の負担を減らすようにしましょう。また魚介類も種類や部位によっては脂が多いので消化に負担がかかります。体調が悪いときや食欲がない時は控えたほうが胃腸に優しいでしょう。

 

考えられる原因2:アレルギー

魚介類のアレルギーというと蕁麻疹やら呼吸不全などの重いものを想像するかもしれません。しかし人によっては一時的な胸焼け程度の軽い症状のときもあります。

 

気になるようならアレルギー科へ行ってアレルギー検査を受けてみるのもいいでしょう。胸焼けが起きたときにどのような調理法のどのような種類の魚を食べたのか等当時の状況を記録しておくといいです。

 

今は症状が軽いだけで食べ続けると悪化する可能性もあるので、楽観視も禁物です。


ホーム