魚卵アレルギーの症状と対処法

魚卵アレルギーの症状と対処法

魚卵アレルギーの症状と対処法

魚介系の中でもとりわけ魚卵に対してアレルギー反応が出ることがあります。この魚卵アレルギーの症状や対策についてまとめます。

 

魚卵の種類とアレルギー

イクラ,カズノコ,タラコ,筋子,カラスミ,キャビア,ブリ子等々…食用として食べられる魚卵は様々です。しかしどんな種類の魚卵も構成成分は似ている為、ある魚卵でアレルギー反応が出たのなら他の魚卵でもアレルギーを起こす可能性は高いといえるでしょう。

 

魚卵が原因とも限らない

また魚卵アレルギーではなく、明太子やイクラに使われている添加物が原因の可能性もあります。なので医療機関にあたるなら、どの種類のどのように加工された魚卵を食べたかなどを記録しておく必要があるでしょう。

 

魚卵アレルギーの症状

他の食物アレルギーと同じで、じんましんや嘔吐,下痢,腹痛,口回りの違和感や腫れなどが起こりえます。中には呼吸不全や意識消失などのアナフィラキシー反応がでることもあります。

 

魚卵アレルギーの対処法

魚卵アレルギーの場合は魚卵を食べないことが最大の予防になりますが、外食などで誤って食べてしまうこともあるでしょう。そのような場合は口腔内や胃に入った魚卵を吐き出すようにしましょう。魚卵の成分が吸収される前にはき出すことが大切です。どうしても吐き出せないようなら口(喉もガラガラと)何度もゆすいだり、水をたくさん飲んで胃の中の魚卵の成分を薄めるようにしましょう。

 

加熱すると防げるか

魚卵アレルギーは加熱することで予防できる場合もあります。しかし加熱したとしても完全にアレルギー物質がなくなるわけではないので絶対安心とはいえません。


ホーム