魚の寄生虫は冷凍では死なない?

魚の寄生虫は冷凍では死なない?

寄生虫対策のために冷凍した魚を食べるようにしている人もいますよね。でも実際、本当に冷凍で寄生虫は死ぬのでしょうか?死ぬとしてもそれは家庭用の冷凍庫でも大丈夫なのか…というのは気になるところですよね。

 

魚の寄生虫は冷凍では死なないの?

寄生虫は生命力が強いというイメージから冷凍程度じゃしなないと思っている人もいるかもしれません。

 

しかし大抵の寄生虫は凍るほどの冷温に長時間さらされば死んでしまいます。

 

被害の多いアニサキスも-20度で1日以上冷凍することで予防できることが、厚生労働省のHPに書かれています。

 

家庭の冷凍庫でも効果はある?

しかし残念ながら家庭用の冷凍後では効があまり期待できません。なぜなら寄生虫が死ぬためには最低‐20度~‐30度の冷温が必要だからです。家庭用冷凍庫はせいぜい‐18度程度なので、不安があります。

 

市場に出回っている「解凍」した魚は…

スーパーで売ってる魚には「解凍」と表記があるものがあります。こういった魚は業務用の冷蔵庫を使って‐20度~‐30度で凍らせたものなので寄生虫は死滅しているでしょう。-30度で1日以上冷凍しないと死なない帰省旋尾線虫(イカなどに寄生している寄生虫)の場合も生き延びられないでしょう。


ホーム