魚介類に寄生する寄生虫の種類

魚介類に寄生する寄生虫の種類

テレビではよく「アニサキス」による被害がニュースになりますね。自然界の魚には寄生虫が寄生していることも多く、それを刺身で食べたり、加熱不十分で食べたりすると、食中毒を起こしてしまいます。ただ全ての種類の寄生虫が有害なものかというと、必ずしもそうでもありません。

 

有害:アニサキス

アニサキスによる被害はニュース報道で見ることが多く、最もメジャーな寄生虫といえるのではないでしょうか。様々な魚に寄生していますが、糸状で長さは(大きくて)5㎝くらい、白く半透明なので食べる時には気がつかないことも多いです。人間の胃や腸の内壁を傷つけ、痛みだけでなく下痢や嘔吐の症状も見られます。アニサキスは60~70度で加熱、または-20度で1日以上冷凍すると死にます。

 

有害:シュードテラノーバ

こちらは聞き慣れない寄生虫かもしれません。アニサキスとは見た目も症状も似ています。胃や腸の粘膜に侵入し荒しまわり、痛みや嘔吐症状を引き起こします。死滅方法はアニサキスと同様です。

 

無害:カニビル

カニの甲羅や足に黒いツブツブがついているのを見たことはありませんか?それはカニビルと呼ばれる無害な寄生虫です。逆に、このツブツブがついているカニは身が締まって美味しいもの多いのですよ美味しいカニを見分ける一つの基準になったりします。


ホーム