妊娠中にドジョウを食べるのは健康にいい?

妊娠中にドジョウを食べるのは健康にいい?

魚介類は水銀を含むとして、妊娠中は摂食制限が提唱されますね。

 

しかし全ての魚介類に水銀が含まれるわけではありません。

 

基本的に摂食制限の対象にされるのは、海の食物連鎖上位にある魚介類です。

 

マグロ、カジキ、サメ、クジラ、イルカなどがそれにあたります。

 

ドジョウは一生を淡水で過ごす淡水魚ですので、水銀の心配は無用といえるでしょう。

 

むしろ「ドジョウ一匹はウナギ(※1)一匹に相当する」と評されるほどの栄養価が高い食材なので、母体の健康と赤ちゃんの発育の為には、むしろ大きな助けになるのではないでしょうか。

 

ドジョウからは特に、鉄分やカルシウム、ビタミンンB12などの栄養素を補給することができます。

 

※1 ちなみにウナギはビタミンA含有量が突出して多い為、妊娠中は食べ過ぎは控えるべきとされています。妊娠中のうなぎの摂り方について詳しくは【妊娠中にうなぎを食べても大丈夫?】にて解説しています。


ホーム