魚,食べ方

赤ちゃんにウニはいつから?

ウニにはタンパク質やビタミン類、カルシウムなど豊富な栄養素があります。

 

柔らかくて美味しいから、赤ちゃんの離乳食に使用したいと思う方もいるでしょう。

 

ウニを赤ちゃんに食べさせてもいいのか、いつから食べさせていいのかよく分かりません。

 

赤ちゃんの食事とウニの事、こちらで解説していきます。

 

ウニと赤ちゃんの食事

刺身やお寿司などの生ものは、赤ちゃんは食べさせない方がいいです。

 

生の魚には寄生虫や細菌がついていることがあるため、食中毒やアレルギーの危険があります。

 

生の魚介類は胃や腸が発達した幼児期、3才くらいから食べさせる方が多いです。

 

ウニも生で食べる機会が多いため、赤ちゃんが欲しがっても与えない方がいいでしょう。

 

生ウニや粒ウニは塩分も多いので、離乳食としては好ましくありません。

 

赤ちゃんの食事としては、離乳食初期に白身の魚からスタートして、赤身魚、青魚とステップアップしていきましょう。

 

ウニを与える注意点

中には18か月くらいから、赤ちゃんに少量のウニを食べさせていたという人もいます。

 

赤ちゃんの体質によって、魚介のタンパク質で蕁麻疹などのアレルギーを起こすこともあります。

 

無理に早い時期から、ウニを与える必要はありません。

 

赤ちゃんの成長に応じて、様子をみながら食事に取り入れていきましょう。


ホーム