魚,食べ方

犬や猫にウニをあげてもいい?

新鮮でおいしいウニは豊富な栄養素が含まています。

 

様々なビタミン類やタンパク質を含んでいるから、ペットにも食べさせたいと考える方もいるでしょう。

 

しかし犬や猫にとって、食べさせてはいけない食品も数多くあります。

 

ウニは一体どうなんでしょう。犬猫の食事に関して調べてみました。

 

ウニは犬猫にあげても大丈夫?

ウニもイカと同じで、ビタミンB1を破壊する酵素を含んでいます。

 

この酵素は身体の中のビタミンB1を壊してしまいます。

 

犬や猫がビタミンB1欠乏症になると、食欲不振や嘔吐、下痢になります。

 

また痙攣やふらつきを引き起こすので、犬猫にはウニをあげないようにしましょう。

 

また生ウニには多少の塩分が含まれています。

 

海水程度のわずかな塩分でも犬猫にとっては過剰になることがあります。

 

心臓や腎臓に負担がかかるので、塩分が含まれるものは犬猫の食事として与えないようにしましょう。

 

犬や猫に好ましくない食品とは

生の魚介は犬猫の食事として好ましくはありません。

 

特にイカやタコは消化不良を起こします。

 

またイカに含まれる酵素によってビタミンB1欠乏症になります。

 

またアワビやサザエなどの貝類も犬や猫が食べると重度の皮膚炎の原因になるため、食べさせることはやめましょう。


ホーム