魚,食べ方

ウニアレルギーの症状や対処法

卵や小麦、そば等の食品でアレルギーを引き起こすことがあります。

 

魚介もエビやカニに対してアレルギーを持つ人も多く、ウニも例外ではありません。

 

食品アレルギーは子どもの時は食べられたのに、大人になって突然発症することもあります。

 

誰もが引き起こす可能性がある「ウニのアレルギー」に関して調べてみました。

 

ウニアレルギーの症状とは

ウニを食べて、唇が腫れたりかゆくなったりするのはアレルギーの症状です。

 

喉のイガイガした感じや不快感、吐き気、下痢などの症状がウニを食べた後に症状として現れます。

 

他にも蕁麻疹が出たり、呼吸しにくくなることもあるため、体調に変化があればすぐに病院に行きましょう。

 

症状が出る時間もも食べてすぐの場合から数日後と、人によってそれぞれなので用心して下さい。

 

場合によってはアナフィラキシー反応が起こります。

 

症状が重症化すると意識障害や呼吸困難など生命に関わる恐れもあるので、こういった場合はすぐに受診しましょう。

 

アレルギーの対処法

一度アレルギーになってしますと、なかなか治ることはありません。

 

アレルギーを発症した一番の対処法は、ウニを食べない事です。

 

身体がウニをアレルギー源だと認識しているため、気にせず食べてしますと何らかの症状として現れます。

 

ウニを食べて気になる症状が出たら、アレルギー科のある病院を受診しましょう。

 

自分のアレルギーの原因をきちんと把握しておくことが大切です。


ホーム