うなぎの蒲焼きが賞味期限切れ!食べても大丈夫?

うなぎの蒲焼きが賞味期限切れ!食べても大丈夫?

うなぎの蒲焼きを冷蔵庫にしまいっぱなしにしていて、気づいたらラベルに表示された期限を過ぎていた、なんてことはありませんか?

 

見た目は大丈夫そうだし、高かったのに捨てるのはかなりもったいない。でも安全性が心配・・・。

 

期限の表示がある理由

食品表示法に基づき定められた『食品表示基準』というものがあって、すべての加工食品には、商品の特性に応じて、「賞味期限」または「消費期限」のどちらかを表示しなければならないことになっています。

 

賞味期限とは

そして賞味期限とは、ひと言でいうと「美味しく食べられる期限」です。

 

開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、美味しく食べられる期限を示しています。

 

なので、賞味期限を過ぎた食品であっても必ずしもすぐに食べられなくなるわけではなく、その見た目や臭い等により、五感で食べられるかどうかを消費者が個別に判断することになっています。

 

スナック菓子、カップめん、チーズ、かんづめ、ペットボトル飲料などの比較的品質が長く持つ加工食品に表示されることになっています。

消費期限とは

単に美味しく食べられる期間である賞味期限に対し、消費期限というのは「安全に食べられる期限」のことです。

 

開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、腐敗などの品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれが無いと認められる期限を示しています。

 

お弁当、サンドイッチ、生めん、ケーキなど、比較的痛みやすい加工食品に表示されることになっており、うなぎの蒲焼きも賞味期限ではなく消費期限が正しいです。

 

うなぎの蒲焼きについて

スーパーで売られているうなぎの蒲焼にも、トレーに乗せてラップして売られているものや、レトルトパウチ食品・真空パック食品など、いろいろあります。

 

製品によって差はあるものの、安全性を考えれば基本的に消費期限内に食べるのが望ましいのは変わりありません。

 

しかし個人の経験則で言うならば、消費期限が1日2日過ぎた程度ならほとんど問題ありません。

 

そもそも消費期限はある程度余裕をもって設けられているので、刺身のような生ものでもない限り、数日程度は誤差の範囲と考えて良いと思います。

 

期限を過ぎても色や臭いに異常がなければ食べてしまいましょう。もちろん保証はできませんが・・・。

 

期限内のその食品の安全責任は製造者側が負うことになりますが、期日以後は消費者の自己責任となることは知っておいてください。

 

まあどうするにせよ、なるべく新鮮なうちに食べた方が美味しいに決まっています。期限表示にかかわらず買ってきたら早めに食べることをおすすめします。ましてやうなぎなんてそうそう買えることのない高級食品なんですから・・・。


ホーム