タコの栄養価・健康効果について

タコの栄養価・健康効果について

日本人には昔から食べられている馴染みの食材であるタコ。お祭りのタコ焼きなどでもお馴染みのため、食べる機会も多いかと思いますが、実は、タコには豊富な栄養素が含まれているのをご存知でしょうか。今回は、タコの栄養価と健康効果についてご紹介いたします。

 

低カロリー高タンパク

タコは100gあたり、たったの76キロカロリーという低カロリーな食材です。その上、タコのほとんどがタンパク質からできており、高タンパク低カロリーな食材です。タンパク質は、筋肉から髪の毛、内臓まで、あらゆる成分のもとになる物質です。そのため、健康な肌や体作りには欠かせない食材です。

 

ビタミンが豊富

タコには、ビタミンA、B群、E等、たくさんのビタミンが含まれており、特にビタミンB2が豊富に含まれています。ビタミンB2は、皮膚や爪、髪、粘膜などの成長を促し、さらには糖質や脂質を代謝させる働きがあります。

 

タウリンが豊富

タコの特筆すべき栄養素として、タウリンの含有量があります。タコの足1本で約1000mgものタウリンが摂取できます。タウリンには、胆汁酸やインスリンという成分の分泌を促進させる効果があり、これによって、血圧や血糖値を正常に保ち、高血圧や糖尿病の予防になると言われています。

 

また、血中の悪玉コレステロール値を下げて、心機能や肝機能を改善する働きもあります。

 

いかがでしたでしょうか?栄養豊富なタコを食べて、皆さんも健康維持に役立てましょう。


ホーム