タコに豊富な成分「タウリン」の効能って?

タコに豊富な成分「タウリン」の効能って?

タコは日本の食卓には欠かせない食材であり、おでんやタコ焼き、唐揚げなど、様々な料理に使われています。子供から大人まで大好きな食材ですが、実は栄養も豊富に含まれています。今回は、タコに含まれている豊富な栄養素のうち、タウリンについてご紹介いたします。

 

タウリンとは

タウリンは、主に魚介類に豊富に含まれる成分で、タコやイカ魚の血合いなどに多く含まれていると言われています。

 

高血圧や、高コレステロール、高血糖に悩んでいる方や、肝機能が低下している人や疲れやすい人に効果を発揮すると言われています。

 

肝機能の向上

タウリンには、肝臓から分泌される胆汁酸を増加させる効果があります。胆汁酸には、コレステロールを排出させる効果があり、これによって血中コレステロールの値を下げることができます。

 

また、タウリンにはインスリンの分泌を促す作用もあり、糖尿病の予防にもなると言われています。

 

さらに、タウリンには、肝臓がアルコールを分解する酵素をの働きを助ける効果もあります。それによって、肝臓の負担を減らしてくれます。

 

高血圧予防

タウリンにはホメオスタシスという体の状態を正常な状態にしようとする効果があります。タウリンによって、ノルアドレナリンの分泌が抑制され、血圧を正常な状態にしてくれる効果があるのです。

 

いかがでしたでしょうか?タコに豊富に含まれているタウリンには、健康を維持するための様々な効果があります。


ホーム