消費期限切れのタコは加熱しても危険?

消費期限切れのタコは加熱しても危険?

買ってきたのはいいけれど、気が付いたらとっくに消費期限を過ぎていたなんていうことありますよね。捨てるのはもったいないですが、どうするか非常に迷うところだと思います。そこで今回は、消費期限が切れのタコについてご紹介させていただきます。

 

消費期限と賞味期限

皆さんは、期限の表示には2種類あるのをご存知でしょうか。消費期限と賞味期限の2種類です。「賞味期限切れの食品は目安だから食べても大丈夫」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、この2つについては、はっきりとした違いがあります。

 

賞味期限とは、食品が「美味しく食べられる」期限です。保存期間が比較的長いものに対してつけられるため、賞味期限が切れたからといって、すぐに食べられるわけではありません。あくまで、「美味しく食べられる期限」という設定です。

 

一方消費期限はというと、食品が「安全に食べられる」期限です。生ものなど日持ちがしない製品に対してつけられ、消費期限が過ぎた食べ物は、食中毒の原因ともなるため、基本的には食べてはいけません。

 

消費期限切れのタコは加熱すれば大丈夫?

結論から言うと食べ無いほうが良いでしょう。消費期限も実際の期限よりも、かなり短く設定されてはいますが、保証はないため、自己判断でたべることになります。

 

加熱すしても死なない菌はいますし、毒素などは過熱しても分解しないものもあるため、食べない方がよいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。消費期限はきちんと守ることが大切です。


ホーム