タコに寄生虫はいない?

タコに寄生虫はいない?

日本人には大変馴染み深く良く食べる食材であるタコですが、それだけに食中毒には気をつけなければいけないですよね。

 

同じような頭足類である、イカには、アニサキスが寄生しており注意が必要ですが、タコにはどうなのでしょうか。

 

今回は、タコの寄生虫についてご紹介します。

 

タコには寄生虫はいない?

タコはお刺身で食べることもある食材なので、寄生虫は気になりますよね。

 

ですが、実はタコの身には寄生虫はいないと言われています。タコの寄生虫が原因で、食中毒になった事例は殆ど無いようです。

 

少し安心できましたね。ですが、生で食べるには、注意が必要なこともあります。

 

タコをお刺身で食べるには。

魚介類によく寄生している、アニサキスは、冷凍するか加熱することにより死滅し、死んでいる場合は人体には影響がないと言われています。

 

タコには、寄生虫がいないと書きましたが、タコの皮の部分には寄生虫が付着している可能性があります。

 

また、寄生虫はいなくても、タコの吸盤の中には雑菌が多く含まれているため、生で食べる場合は、表面を塩もみするなどしてきちんと汚れを落とし、皮をはいでから食べるのが良いでしょう。タコの皮は硬いので、刺身で食べる場合は、皮を取り除いた方が食味も良くなります。

 

いかがでしたでしょうか?寄生虫はいないとはいえ、食中毒には十分に注意してください。


ホーム