妊娠中のサバ食において注意点は?

妊娠中のサバ食において注意点は?

妊娠中には、胎児の発育に悪影響として、水銀の含有量が多い食材の摂取はNGとされています。

 

水銀が多い食材といえば魚介系に多く、具体的にはマグロ、クジラ、イルカなどですね。

 

大衆魚の一つであるサバに関しても、水銀を心配する声がありますが、厚生労働省が出している、妊婦が控えた方が良い魚のリストにサバは含まれていません。

 

1日に食べ過ぎない限りは特に食べても問題ないでしょう。

 

水銀よりも注意すべきこと

サバに関しては水銀よりも、腐敗や寄生虫などを心配したほうがいいでしょう。

 

  • サバは寄生虫がいることが多いので、加熱処理は中までしっかり行うこと。
  • 常温放置でヒスタミンが大量発生することでヒスタミン中毒になることが多いので、速やかに冷蔵庫に保存すること。

 

上記2点は留意しておくようにしてください。


ホーム