鯖(サバ)と健康・安全性

サバと健康・安全性

鯖(サバ)に含まれる栄養成分と効能のほか、サバによる食中毒、アレルギーなどの被害対策、その他健康上の注意点などの情報をまとめています。

サバの健康効果/栄養成分まとめ

サバの健康効果に関する情報をまとめています。動脈硬化/脳機能低下予防サバにはDHA/EPAと呼ばれる不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。それぞれ以下のような効果を持っています。DHAの効果DHAはシナプスを活性化させて情報伝達能力を向上させたり、記憶を司る海馬に作用して、記憶力の向上やアルツハイマー...

≫続きを読む

サバの美容効果

文部科学省が公表している『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』の日本食品標準成分表(魚介類)で、焼いたマサバの切り身(可食部100g)に含まれる主な栄養素が確認できます。美容に関する栄養成分では、ビタミンB群やカリウム、タウリンなどが豊富に含まれており、主に以下のような美容効果が期待できます。サ...

≫続きを読む

サバに血液サラサラ効果がある理由

サバは非常に栄養価が高く、健康に良いと言われている食材です。特にサバは血液サラサラ効果が高いと言われています。その効果を生んでいるのはサバ含むサンマやアジ等の青魚に含まれるEPAと呼ばれる不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸とは脂肪酸とは脂質を作っている成分で、肉や魚など脂質を含む食材を食べると体内に取り...

≫続きを読む

サバは高血圧予防/改善に効果あり?

高血圧は、動脈硬化を引き起こす主要な原因のひとつと言われています。動脈硬化とは動脈の壁が厚くなったり固くなったりして、血流が悪くなると起こる病変です。動脈硬化は悪化すると、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞など命に関わる病気もつながります。サバに含まれるEPAに効果が期待動脈硬化は血流が悪くなる病変で...

≫続きを読む

サバは糖質制限中の食事としてどう?

糖質は本来、身体にとって重要なエネルギーの素であり、不足すると、体力が低下したり疲れやすくなったりして、健康的な生活の妨げになります。しかしながら過剰にとると、肥満や、糖尿病などの生活習慣病になったり、その症状を悪化させたりするため、摂取量を適切にコントロールする必要があるのです。サバは糖質制限中の...

≫続きを読む

サバ×味噌×生姜の相乗効果:サバの味噌煮が身体に良い理由

サバの味噌煮というのはサバと味噌と生姜をいっぺんに摂取できる非常に健康に良い料理です。サバ・味噌・生姜の健康効果は以下の通りです。サバの効果たんぱく質、脂質、炭水化物という、いわゆる「三大栄養素」を見てみると、サバは、健康な身体を作るのに不可欠なたんぱく質が豊富です。またサバには、DHA(ドコサヘキ...

≫続きを読む

サバに豊富なビタミンB12の効果とは

青魚のサバにはビタミンB12が豊富に含まれています。ここではビタミンB12の健康効果についてご紹介しています。貧血を予防する血液中の赤血球が作られるのには、ビタミンB12が必要です。ビタミンB12が不足して赤血球の量が減ると、赤血球内に存在するヘモグロビンも減少し、貧血の症状が出るのです。このことか...

≫続きを読む

サバが原因のヒスタミン中毒とは?その原因や治療法

「サバに当たる」とはよく言いますが、これは大抵の場合、サバに含まれるヒスタミンという物質を摂取し中毒を起こしたことを指しています。ヒスタミンは腹痛や嘔吐/下痢/じんましん/顔面の腫れなどアレルギーに似た症状を引き起こし、「ヒスタミン中毒」またの名を「アレルギー様食中毒」とも呼ばれています。症状が出る...

≫続きを読む

サバの刺身は危険?焼けばOK?寄生虫「アニサキス」対策

サバは足が速くあまり刺身で食べられることがありませんが、新鮮なものなら刺身でも美味しくいただけます。実際福岡などサバの刺身を販売している地域はあります。しかしあまり広まらない理由には、上述した通りサバは足が速く、生食可能なほど新鮮な状態での広範囲輸送が困難なこと寄生虫が潜んでいることが多いことなどが...

≫続きを読む

サバアレルギーの症状/原因/対処法

食べたものが原因で免疫反応で、皮膚、消化器、呼吸器・目、鼻などに各種症状が現れることを食物アレルギーといいます。私たちの体に生まれつき備わっている「異物を排除する仕組み」であり、動植物由来のたんぱく質がその異物対象とされることが多いです。なんの食材がNGかは、個々によって異なり、それがサバの可能性も...

≫続きを読む

猫や犬にサバを食べさせて大丈夫?

サバも火を通したものをたまにあげるくらいなら問題ありません。しかしあげすぎは問題ありそうです。サバには不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。これは人間にとっては脳の働きをよくしたり、血をサラサラにしたりなど、良いことづくめとされます。ただ不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)は体内で分解される際、ビタミン...

≫続きを読む

赤ちゃんにサバはいつから?離乳食としてのサバ食を考える

サバのような脂多めの赤身魚は、離乳食完了期(1歳~1歳6ヶ月)から食べさせたほうがいいみたいです。サバは消化酵素が強いことから、腐敗しやすく中毒者を起こす例が少なくないことから、ある程度免疫力がつくまで待ったほうが良いと思います。アレルギーの心配について産婦人科の先生の指導や母子手帳の記述などを参考...

≫続きを読む

サバ食によるヒスタミン中毒について

ヒスタミン食中毒とは、ヒスタミンが高濃度に蓄積された食品を食べることにより、皮膚、消化器、呼吸器・目などに各種症状が現れる食中毒のことを言います。そしてサバを食べてこのヒスタミン中毒にかかる例はまれにいます。アレルギーと似たような症状が現れますが、発症のメカニズムは異なります。ヒスタミン中毒の原因ヒ...

≫続きを読む

サバの食べ過ぎは健康に悪い?

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と言うことわざがありますが、何事も度が過ぎるのは、足りないのと同様、良くありません。健康に良いとされるサバも例外ではありません。サバには比較的脂質が多い文部科学省が公表している『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』の日本食品標準成分表(魚介類)によると、焼いたマサバ...

≫続きを読む

サバの脂は太る?ダイエット中サバはNGなのか

秋に獲れた脂ののったサバを塩焼きにしたり味噌煮にしたりすると大変美味しくいただけますが、特にダイエット中に気になるのは、その脂。一般的に、脂質はとり過ぎると肥満になりやすいとされますが、ダイエット中サバはNGなのでしょうか。サバに含まれる脂質と推奨摂取量文部科学省が公表している『日本食品標準成分表2...

≫続きを読む

妊娠中のサバ食において注意点は?

妊娠中には、胎児の発育に悪影響として、水銀の含有量が多い食材の摂取はNGとされています。水銀が多い食材といえば魚介系に多く、具体的にはマグロ、クジラ、イルカなどですね。大衆魚の一つであるサバに関しても、水銀を心配する声がありますが、厚生労働省が出している、妊婦が控えた方が良い魚のリストにサバは含まれ...

≫続きを読む


ホーム