海鼠(ナマコ)の語源・漢字の由来

海鼠(ナマコ)の語源・漢字の由来

お酒のおつまみとして、ご飯のお供として人気のナマコ。

 

見た目からは想像できない繊細な味わいと食感は、多くの人たちから人気です。

 

さて、そんなナマコなのですが、漢字で書くと「海鼠」という文字で表現されます。

 

鼠となると、すばしっこいイメージですので、あまり海鼠との関連性が思い浮かびません。

 

今回、ここでは海鼠の語源、漢字の由来などを紹介していきます。

 

昔の呼び名は「コ」

ナマコは、今では三文字で呼ばれていますが、その昔、一文字で「コ」と呼ばれていたといわれています。

 

後に、ナマがつけられてナマコとなりますが、この「ナマ」は滑らかや生の意味を持ちます。

 

ナマズは、滑らかであるが故の名前だそうですが、ナマコの場合は骨格があり硬いため、今では「生」の方の説が有力となっています。

 

茹でて干したものを「煎りこ」と呼んでいたため、生のままの「コ」ということで、ナマコになったと思われます。

 

夜徘徊するから鼠?

また、漢字の由来ですが、ナマコは夜に這い回ることで知られています。

 

夜動き回ること、さらに後ろ姿が鼠に似ていることからも、「海鼠(なまこ)」となり、今でもこう呼ばれているのです。

 

ナマコは、硬く生命力が強いだけでなく、腸を吐き出しても生き続けます。そのことから、生き返るの意味を持つ「生擬」と呼ばれていたという説もあります。


ホーム