ナマコの繁殖方法・産卵時期は?雌雄はあるの?

ナマコの繁殖方法・産卵時期は?雌雄はあるの?

食べても美味しい、ということで知られているナマコ。

 

その姿からは想像ができない、とても上品な味わいを持つ海洋生物ですが、繁殖方法は余り知れていないようです。

 

今回、ここではナマコの養殖方法、そして産卵時期、さらには雄雌が存在するのか否かを解説していきたいと思います。

 

雄雌が分けられている

長細く、棒状の形をしているユニークな生物、ナマコ。雄雌があるとは思えませんが、実はしっかりと区別されているとことがわかっています。

 

外見だけでは、なかなか見分けがつかないと言われており、その見分け方としてはお酢は生殖巣が白っぽく、雌はオレンジ色になっていることが唯一の見分け方として知られています。

 

また、体外受精によって繁殖が行われており、後頭部部分から放精、放卵されることで知られており、L字型の体制をとっています。

 

ナマコの産卵時期は広く、3月から8月の比較的暖かい時期に行われています。

 

ナマコの繁殖方法

ナマコが、一度に生む卵の数はなんと2,000万個を超えるといわれています。

 

前述した通り、ナマコの繁殖方法としては、体外授精となっていますが、L時型に立っている状態を見かけたら、繁殖中であると考えてよいでしょう。

 

ナマコの体外授精はその周辺にいるナマコが一斉に行うため、非常にユニークな映像となります。

 

一度、ナマコの産卵を確認してみてはいかがでしょうか。


ホーム