鰹節のカビが無害で大丈夫な理由

鰹節のカビが無害で大丈夫な理由

カビというと、直中毒の原因となる危険な存在ですが、かつお節にもカビが付着しています。ですがかつお節を食べてお腹を壊す人はいません。

 

今回はかつお節のカビが大丈夫な理由を解説いたします。

 

カビには2種類ある

カビというと、お風呂に生えたり、古くなった食品に生えたりとネガティブなイメージが強いと思います。実際、それらのカビは人体にとって有毒です。

 

ですが、カビの中には人体に悪影響を与えないカビも存在するのです。

 

かつお節のカビはまさにその典型で、人体に害を及ぼさないカビです。かつお節以外でも、チーズや干し柿など、カビの生えた食べ物は世の中に沢山あります。

 

食中毒の原因

カビには人体に悪影響を与えるカビと、そうでないカビがあると書きましたが、何に違いがあるのでしょうか。

 

実はカビ自体には、繁殖力もそれほど強くないものが多く、体内で増殖して悪影響を与えることは少ないと言われています。

 

では何が原因かというと、カビが作り出す毒素が原因で食中毒が引き起こされるのです。かつお節のカビはこの毒素を出さないため、食べても大丈夫というわけです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。かつお節をはじめ、生活の中には様々なカビが有効活用されています。良いカビと悪いカビをしっかり見分けましょう。


ホーム