イワシと食中毒:症状や原因

イワシと食中毒:症状や原因

鮮度の落ちが早いイワシは食中毒に注意しなければなりません。
イワシの食中毒にはどのような症状が出て、どのような原因があるのか把握しておくとが食中毒の予防につながります。
この記事ではイワシの食中毒について解説します。

 

イワシの食中毒の原因

食中毒の原因は、食品に含まれている有害物質にあります。イワシの食中毒の場合、イワシに繁殖した細菌が原因となって食中毒が生じます。
イワシに細菌が繁殖しやすいのは、イワシがヒスタミンという成分を多く含んでいるからです。
ヒスタミンは少量の場合は安全なのですが、鮮度が落ちるとともに増加します。一定以上にヒスタミンが増加したイワシを食べると食中毒が生じます。

 

イワシの食中毒の症状

イワシの食中毒の症状には「舌の痺れ」「発疹」「嘔吐」「下痢」などの症状があります。
食中毒の症状は食後一時間後ほどから症状が出始めます。
症状が出た場合直ちに医療機関で治療を受けるのが望ましいです。
応急処置としては、吐き気がある場合は、すべて吐き出してください。また水分が不足しますので、ミネラルウォーターやスポーツドリンクなどで補ってください。

 

イワシの食中毒について解説しました。いかがでしたでしょうか。
イワシの食中毒は鮮度が落ちたイワシを食べることが原因で起きます。
症状には「舌の痺れ」「発疹」「嘔吐」「下痢」などがあるので、食後に発症したら食中毒だと考えられます。


ホーム