水銀の懸念・・・妊娠中でもブリを食べても大丈夫?

水銀の懸念・・・妊娠中でもブリを食べても大丈夫?

ブリが大好きな女性も多いと思います。しかし、妊娠中の場合もブリをいつも通りたべるべきなのか、難しい問題となってきます。

 

厚生労働省で出されている、「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項」によると、

 

魚は水銀を含むために多量に摂取すると胎児に影響を与えるといわれています。

 

今回、妊娠中でもブリは食べてよいのかを解説していきます。

 

ブリは比較的水銀が少ない魚

魚には、多少なりとも水銀物質が含まれていると思われていますが、

 

厚生労働省によると、特に神経質になる必要は無いという魚群のなかに「ブリ」が含まれています。

 

そのほか、キハダやメジマグロ、イワシなども該当しています。

 

一方、バンドウイルカやクジラ、メバチマグロなどは比較的水銀量が多い魚として摂取には注意を促しています。

 

食べ過ぎは他の問題も?

水銀量が少ないからといって、ブリを大量に摂取するは注意が必要です。

 

水銀量だけではなく、生などのブリは寄生虫やヒスタミンなど、さまざまなアレルギー症状を引き起こす物質が含まれる可能性があります。

 

妊娠中は、量を摂取し過ぎずにバランス良く料理を食べることをおすすめします。ブリだけではなく、全ての魚に言えることなので覚えておくとよいでしょう。


ホーム