アサリでタンパク質補給ってどうなの?含有量は?

アサリでタンパク質補給ってどうなの?含有量は?

栄養豊富な食材として知られるアサリですが、タンパク質の補給という点から考えるとどうなのでしょうか。

 

肉や魚などと比較してみた場合、アサリのタンパク質の量や質はどの程度のものなのか、という点について今回は解説してみました。

 

100gあたりのタンパク質の量は少なめ

アサリのタンパク質の量は100gあたりで6グラム程度と、動物性の食材にしては少なめのものとなっています。

 

通常、肉や魚などでは100gあたり20g程度のタンパク質が含まれているため、タンパク質補給という点で考えると、アサリは効率の良くない食材といえるでしょう。

 

アサリのタンパク質が少ない理由

ただし、アサリのタンパク質の含有量が少ない理由はアサリの身の水分含有量が約90%ということで、水分の割合が肉や魚に比べてかなり高いことが原因となっています。

 

また、アサリのタンパク質には、身体に良い作用をもたらすタウリンなどのアミノ酸も豊富に含まれているため、栄養の質という点では決して効率の悪い食材ではありません。

 

アサリは様々な栄養分を含んでいるのですが、タンパク質に関しては含有量が少なめの食材です。

 

そのため、健康的な食事を摂るにはアサリだけでなく、肉や魚も同時に摂取して、タンパク質の量も確保しておいた方が良いでしょう。


ホーム